2006年07月05日

「日本沈没」 見てきました!

前に「日本沈没」の試写会に応募しまして、なんとそれが当たりまして。

今日、友人と二人で「日本沈没」の試写会に行ってきました!

〜日本沈没〜

日本沈没の始まりは小説からでした。

1973年光文社カッパノベスクより上下2巻にて刊行されました。

著・小松左京

平成18年現在までの発行部数は400万部。


原作出版後、映画が作成され、1973年12月29日に公開される。

観客動員数は、約880万人。

小野寺 俊夫:藤岡 弘

阿部 玲子:いしだ あゆみ



その後、テレビドラマとし製作をし、1974年10月6日から

1975年3月30日まで、TBS系で全26回で放送される。

小野寺 俊夫:村野 武範

阿部 玲子:由美 かおる




そして、テレビドラマと同年期にラジオドラマがニッポン放送で放送された。
小野寺 俊夫:村野 武範

阿部 玲子:太地喜 和子



1980年には「連続ステレオ小説」としてFMで放送される。

小野寺 俊夫:鹿賀 丈史

阿部 玲子:島村 佳江



漫画では、2006年から一色登希彦先生による漫画が「ビッグコミックスピリッツ」に連載されています。



そして、2006年7月15日から上映させるリメイク版です。

小野寺 俊夫:草なぎ 剛

阿部 玲子:柴咲 コウ



それで見てきた感想ですが、

予想以上に迫力があり、全国の景色や風景が見れ、

景色や風景が好きな、僕的には楽しめる映画でした(笑)

日本列島の街などが崩壊していく場面が臨場感があり、

「いつかこんな時がくるのかなぁ。」と思わせる映像もいくつかありました。

一緒に見ていた、友人は原作を読んだ事があるらしいですが、

実際、僕はまだ原作の小説を読んだ事がないんです…。

原作を買ってきて、映画を思い出しながら読んでみたいなぁと思っています。
posted by 朱鳥 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

柴咲コウ純愛ドラマで歌声
Excerpt: 歌手としても多くのヒット曲を出している女優の柴咲コウが、14日スタートのTBS系ドラマ「タイヨウのうた」の主題歌を歌うことが4日、分かったそーです。 タイトルは「invitation」で、テレビ、映画..
Weblog: 世界萌え萌え旅日記
Tracked: 2006-07-05 12:39

日本沈没
Excerpt: story深海潜水艦わだつみのパイロット小野寺と科学者田所は日本海溝の異変に気づいた。綿密な研究の結果、海底プレートの急速な沈降で、日本列島はわずか1年後に沈没するという事実が判明する。危機を訴える田..
Weblog: playtcafe*cinemaartbook 
Tracked: 2006-07-17 16:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。